アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

治療の金額や傾向

ファイルと女医

高齢化社会や核家族化を迎え、主に高齢者が罹患する認知症患者が増え続けています。
認知症患者の半数以上はアルツハイマー病であり、アルツハイマー病の介護は大変なものになりつつあります。
アルツハイマーの治療方法としては、薬物療法があります。
外来ですと、1日当たり9000円くらいが平均です。
しかし治療方法や症状により違いがあります。
日常生活が送れないような症状の治療入院となると、一日当たり13000円程度かかります。
入院が長期に及ぶ症状もありますので、かなりの費用が掛かります。
ですが、認知症患者が精神障碍者として障碍者手帳を取得することも可能ですので、こういった福祉に頼ると、かかる費用が芸減される場合もありますし、それに対する民間の保険もあります。

治療の歴史や変遷

アルツハイマー病は今から100年前、ドイツ人の医師が発見した病気です。
その人の名をとってそうつけられています。
55歳で亡くなった女性の大脳の委縮を発見していました。
その後、長く老人の認知症とは区別されてきましたが、1970年以降は両者を区別せずに研究が行われており、治療技術も発展してきています。
しかしながら脳の委縮が原因であるため、それを抜本的に改善するような薬はなく、対処療法として薬でその進行を妨げます。
そのため、早く発見することで病気の深刻化を遅らせることができますが完治させることはできません。
ですので、比較的症状の軽い初期のうちに発見できるよう、家族の人などがいちはやく発見することが重要です。

治療の動向

高齢化や核家族化の進展で、アルツハイマー病の患者はますます増加することが予測されます。
高齢者のみで住んでいる世帯も少なくないため、その症状の発見が遅れることも懸念されます。
一方で、情報化社会が発達し、インターネットなどで最新の情報が取得できる時代ですので、一人一人がその知識を付け、物忘れから痴ほう症を早期発見することが必要であると考えます。
軽度な認知症でしたら、運動や睡眠によって改善し、発病を遅らせることができるという研究結果も報告されています。
対処療法の薬が現在ではおもな治療方法ですが、今後はより有益な薬の開発も研究が進んでいます。
環境因子によるところもあるため、若いうちから健康的な生活を続けることが必要になってきます。

オススメリンク

カプセルのシート

これまでの変遷

アルツハイマーという病気の名前がついたのは、1900年台の初期の頃に、ドイツ人医師の名前からつけられたものです…Read more
シニア男性の横顔

治療価格の傾向

ある程度の年齢を経過すると、体の節々が痛くなったり、物事を忘れ易くなったり、様々な症状が体の各所に表れる場合が…Read more
車椅子とシニア男性

サービスの種類

精神科や神経内科で扱っている症状の1つとしてアルツハイマーがあり、高齢者の患者が増加傾向にあるとされています。…Read more

関連リンク

    ファイルと聴診器

    アルツハイマーの原因

    記憶障害や失語など、精神の働きに何らかの慢性的な支...

    Readmore
    横になったシニア男性

    治療と予防

    根本的な原因が不明である以上、治療法もまた確立され...

    Readmore
    脳のレントゲン

    病気を扱う人々

    アルツハイマーは記憶障害や思考能力が障害を起こす脳...

    Readmore